• 高尿酸血症ってどんな病気?
  • 尿酸とは
  • 高尿酸血症の原因
  • 高尿酸血症のタイプ
  • 高尿酸血症の症状
  • 高尿酸血症を放っておくと
  • 高尿酸血症とメタボリックシンドロームの関係
  • 高尿酸血症の治療法
おししい!かんたん!高尿酸血症・メタボ 技ありヘルシーレシピ
高尿酸血症・痛風予防のABC 食生活のすすめ
ウラリットを服用される患者さまへ
HOME > 高尿酸血症 > 尿酸とは

尿酸とは

尿酸とは細胞の新陳代謝やエネルギーの燃焼によってできた老廃物の一種です。

尿酸は、細胞のDNAに含まれるプリン体という物質から作られます。尿酸は新陳代謝によって細胞が壊れたときや、食事に含まれるプリン体から産生される、一種の老廃物です。

体内では、毎日一定の量の尿酸が作られ、一定の量が腎臓から排泄されるため、血液中あるいは体内の尿酸の量は、ほぼ一定に保たれています。

尿酸は血液や尿に「溶けにくい」という性質をもつため、産生と排泄のバランスが崩れて体内の尿酸が増えすぎると血液や尿などに溶けきれなくなり結晶化し、体内のいろいろなところにたまっていきます。

関連リンク

酸性尿になることで尿酸結晶が蓄積しやすくなることがあります。
酸性尿ってなんですか?

食生活のすすめ