• 高尿酸血症ってどんな病気?
  • 尿酸とは
  • 高尿酸血症の原因
  • 高尿酸血症のタイプ
  • 高尿酸血症の症状
  • 高尿酸血症を放っておくと
  • 高尿酸血症とメタボリックシンドロームの関係
  • 高尿酸血症の治療法
おししい!かんたん!高尿酸血症・メタボ 技ありヘルシーレシピ
高尿酸血症・痛風予防のABC 食生活のすすめ
ウラリットを服用される患者さまへ
HOME > 高尿酸血症 > 高尿酸血症の治療法 > 食事で気をつけるべきこと

食事で気をつけるべきこと

カロリー、プリン体、糖分、アルコールの摂りすぎに注意し、十分な飲水を。

プリン体、糖分に気をつける

高カロリーな食事は、高尿酸血症だけでなくすべての生活習慣病のリスクを高めます。高尿酸血症の食事療法では、まずカロリーの摂りすぎに注意しましょう。カロリーを控えることで内臓脂肪の減少が期待できますし、体重の減少に伴って血清尿酸値が低下することも少なくありません。

食品によってはプリン体を多く含むものがあります。表を参考に、高プリン体食品の摂りすぎに注意しましょう。ただし、これらの食品をまったく除外する必要はありませんので、あまり神経質になりすぎず、バランスの良い食事を心がけてください。

糖分の摂りすぎも、血清尿酸値を上げるだけでなく、メタボリックシンドロームや糖尿病、尿路結石などのリスクを高めるため注意しましょう。

アルコールは控えめに

アルコール類の飲みすぎは血清尿酸値を上げるため、適度な飲酒を心がけましょう。目安としては、日本酒なら1合、ビールなら500mL、焼酎なら2/3合程度です。とくにビールはプリン体含有量が多いので注意しましょう。

また、腎臓や尿路(腎臓から尿道へ至る尿の通り道)に尿酸が蓄積するのを防ぐために、水分を十分に摂り、十分な尿の量を確保しましょう。十分な水分摂取は、尿路結石の予防にもつながります。

どんな運動をしたらよいか処方されるお薬

関連リンク

尿アルカリ化食品も摂りましょう
尿をアルカリ化する食品

食生活のすすめ