• 痛風ってどんな病気?
  • 痛風の原因
  • 痛風になりやすい人とは
  • 痛風の症状
  • 痛風の合併症
  • 痛風と間違えやすい病気
  • 痛風の治療法
おししい!かんたん!高尿酸血症・メタボ 技ありヘルシーレシピ
高尿酸血症・痛風予防のABC 食生活のすすめ
ウラリットを服用される患者さまへ
HOME > 痛風 > 痛風の治療法 > 痛風発作が起こったら

痛風発作が起こったら

痛風発作が起こったら、消炎鎮痛剤などで炎症を抑えます。

痛風発作が起こったら、なるべく安静にし、患部を冷やしましょう。

痛風発作は急性の関節炎です。発作時は、消炎鎮痛剤を服用し炎症を抑えます。痛風発作の治療では、「パルス療法」といって、消炎鎮痛剤を短期間に限り比較的多量に投与して炎症を鎮静化させることがあります。この場合は、副作用に十分に注意しながら内服します。

また、同様に炎症を抑える目的で、内服や注射でステロイド剤を使用することもあります。

なお、痛風発作を初めて起こした場合には、発作がおさまるまで尿酸降下薬は服用しません。再発の患者さんで、既に尿酸降下薬を服用している場合には、発作中もそのまま継続して尿酸降下薬を服用します。

痛風発作がおさまった後は痛風発作の前兆だと思ったら