• 痛風ってどんな病気?
  • 痛風の原因
  • 痛風になりやすい人とは
  • 痛風の症状
  • 痛風の合併症
  • 痛風と間違えやすい病気
  • 痛風の治療法
おししい!かんたん!高尿酸血症・メタボ 技ありヘルシーレシピ
高尿酸血症・痛風予防のABC 食生活のすすめ
ウラリットを服用される患者さまへ
HOME > 痛風 > 痛風の合併症

痛風の合併症

腎障害、尿路結石、そして生活習慣病の合併に注意しましょう。

尿酸はおもに腎臓から排泄されるため、腎臓に沈着することがあります。そのため痛風には腎障害が高い頻度で合併します。軽度の腎障害では、とくに自覚症状がありませんが、重症化すると腎不全に至り、透析が必要になることがあります。

尿路結石も痛風の代表的な合併症です。尿酸が尿路(腎臓から尿道へ至る尿の通り道)から排泄される際に結晶化することにより、尿路結石(尿酸結石、カルシウム結石など)が作られます。

これらの合併症は、とくに酸性尿(尿pH6.0未満)が持続している患者さんでリスクが高くなります。

また痛風の患者さんの中には、メタボリックシンドローム、肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病を合併する方が多いことも知られています。これらは動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などのリスクを著しく高めますので注意が必要です。

関連リンク

痛風の合併症は酸性尿の持続によりリスクが高くなります
酸性尿を放っておくと