• 痛風ってどんな病気?
  • 痛風の原因
  • 痛風になりやすい人とは
  • 痛風の症状
  • 痛風の合併症
  • 痛風と間違えやすい病気
  • 痛風の治療法
おししい!かんたん!高尿酸血症・メタボ 技ありヘルシーレシピ
高尿酸血症・痛風予防のABC 食生活のすすめ
ウラリットを服用される患者さまへ
HOME > 痛風 > 痛風の症状

痛風の症状

関節が赤く腫れあがり、我慢ができないほどの痛みを伴うのが通風です。

『風が当たっても痛い』といわれる痛風発作では、関節が「赤く」「腫れあがり」、我慢ができないほどの「激痛」を伴います。痛みは、ぶつけたり、ひねったりといった原因がないままに、突然起こります。また、一度の発作で痛むのは多くの場合は1ヶ所です。もっとも多い足の親指の付け根の関節での痛風発作では、歩けないどころか、靴下さえ通せないほどの激痛も少なくありません。

痛風発作は、短い人で3日間程度、長い人でも7~10日間程度で症状が自然におさまります。

また、痛風発作では、発作の直前にムズムズする、ピリピリする、違和感があるなどの前兆症状を自覚する場合があります。

痛風が慢性化した場合、筋肉や皮下に尿酸の結晶のかたまり(痛風結節)ができることもあります。

痛風発作 症状の特徴:関節の痛み/関節の赤み/関節の腫れ/思い当たる理由がないのに突然痛む/痛みが出るのは一度の発作で1ヶ所/痛みが続くのは3~10日間程度/ムズムズ、ピリピリなどの前兆がある/痛風結

痛風発作の起きやすい部位は、足の親指の付け根の関節です。

痛風発作がもっとも起こりやすいのは、拇趾(足の親指)の付け根の関節です。そのほか、手指、肘、膝などの関節、アキレス腱に起こることもあります。

関連リンク

痛風と似たような症状に注意しましょう
痛風と間違えやすい病気